外食好きは食費がバカ高い!

毎月の支出で大きな部分を締めるのが『食費』です。

 

ところが、闇金などで生活が困っている人ほど、外食好きで、あまり自炊をしない人が意外に多いことがあります。

 

外食は家族でしている場合、週末くらいだったら良いですが、ほとんど毎日外食に頼っていると、健康に悪いだけではなく、食費がとんでもないことになってしまいます。
外食は時々する分には良いですが、それが当たり前になってしまうと、どんどんと作らなくなってしまいますので、外食好きな人は利用頻度に注意が必要です。

 

食費にお金がかかり過ぎてしまう原因が外食のし過ぎの場合は、まずは自炊に切り替えていく必要があります。
一人暮らしの場合は、コンビニ弁当や格安チェーン店で食べた方が安く済むケースがあります。
しかし、家族持ちの場合は、やはり外食となると一度で5千円くらいはするわけです、1度で5千円の外食が週に3回あれば、それだけで外食費が6万円になってしまいます。

 

これよりもハイペースで外食費をしていれば、更にお金がかかるわけです。
更に、いくら料理が苦手と言っても、朝から毎日外食に通っていると、400円程度の食事でも、簡単に1万円程度かかります。

 

自炊をしていれば、朝食なんてもっと安く済ませることができます。
朝から外食癖がついている人は、まずは家で自炊して食べる習慣をつけましょう。
朝食の外食癖は、男性の方が多く感じますので、朝食くらいは、家で食べるようにしましょう。

 


借金持ちの食事は自炊が基本!

自炊をすれば家族4人だって4万円前後で済ますことが出来ますが、これが外食になってしまうと、軽く10万円くらい超えてしまいます。
食費で毎月10万円以上かかってしまうようであれば、必然的に周りを支出を削減しないと、とてもお給料内でやっていくことはできません。

 

食費が支出の中で突出している場合は、食費についてやはり考えるべきです。
また、最近は、放射能を異常に気にして産地にこだわった食品などしか買わないなど、食費にお金がかかりやすい家庭が増えているように感じます。

 

食の安全を維持するには、それなりにお金がかかることはわかります。
しかし、それはあくまで食費の範囲内で納めなければ、生活が安定しなくなってしまいます。
貯金が出来ずに苦労している場合は、やはりどこかで妥協点を見つける必要があります。
食の安全は大事ですが、あまりにもこだわり過ぎても、食費を圧迫してしまいます。

 

外食をしなくても、こうした食材や調味料にかなり拘っている人は、食べる量が多くなくても、食費がかかってしまう傾向があります。
毎月の生活に余裕があれば、ブランド牛三昧でも、高級調味料を使っても文句はいいません。

 

しかし、貯金が出来ないほど生活が切羽詰っている人の場合は、そこまで選んでいる余裕がないということです。
少しずつ、自分のお給料の範囲内で、無理しない程度の食品を選ぶ必要があります。
外食や食材への拘りを減らすことが出来れば、食費はある程度節約することが出来ます。